プレイバック2023全日本ダートトライアル/第5戦切谷内は、名手、北村和浩が浜孝佳の快進撃を阻止!

 2023年のJAF全日本ダートトライアル選手権は当初全8戦が組まれていたが、九州福岡のスピードパーク恋の浦で予定されていた第2戦が開催中止となったため、実質7戦のシリーズとして行われた。6月に北陸石川の輪島市門前町モータースポーツ公園の第4戦でシリーズを折り返した全日本ダートラは、7月、青森県のサーキットパーク切谷内で5戦目を迎え、後半戦に突入した。

 切谷内は、全日本ダートラの東北ラウンドを長く担ってきたコースで、高低差に富んだ形状が特徴。コースの最下段にあるストレートから車速を乗せたまま駆け上がっていく左コーナーが、ギャラリースタンドのすぐ下に位置することもあって、切谷内の名物コーナーとして人気を博している。

ギャラリースタンドから切谷内のコースを見下ろす。奥のストレートから駆け上っていく手前の左コーナーの走りは迫力満点だ。©BライWeb

 2023年の全日本ダートラは10クラスで争われたが、各クラスのここまでの展開は様々。PNE1クラスではノワールシゲオ(スイフトスポーツ)が、PN3クラスでは竹本幸広(GR86)が、そしてSC1クラスでは山崎迅人(ミラージュ)がそれぞれ開幕3連勝を飾って、俄然、優位に立つ一方で、PN1クラスと、全日本ダートラ最速のスーパーマシンが集うDクラスは、4戦すべてウィナーが異なるという大激戦となっている。
 
 そんな中、例年とは違った展開を見せ、注目を集めているのがランサーやGRヤリスといった4WDターボマシンが集うSA2クラスだ。このクラスを牽引してきたのはともに全日本ダートラのスタードライバーとして知られる北村和浩と荒井信介の二人。SA2クラスが創設された2005年以降、この二人以外でシリーズチャンピオンを獲得したのは2018年の鎌田卓麻ただ一人という事実から知れるように、このトップ2が圧倒的な存在感で君臨するクラスとなっている。
 
 しかし切谷内を前にしてタイトルレースのトップに立っていたのは、これまでシリーズを一度もフルに追ったことのない浜孝佳だった。ただし浜は新世代ドライバーの一人として、早くから注目を集めてきた一人だ。2009年、20代の若さで全日本ラリーの最速クラスにデビューした時のキャッチフレーズは、“ACDランサーしか知らない男”。しかし、この言葉は当時のBライモータースポーツ界においては、少なからぬインパクトを与えるものだった。

 当時の全日本ラリー、全日本ダートラの世界では、ランサー・エボリューションとスバル・インプレッサWRXがしのぎを削っていたが、ランサー・エボリューションのユーザーの多くは、初代のランエボであるⅠ~Ⅲや、2代目に当たるⅣ~Ⅵからランサーを乗り継いでいた。だが浜が最初に乗ったランサーは、ACD(アクティブセンターデフ)が新たに搭載された3代目のランエボⅦだったのだ。

 浜は2007年、全日本と地区戦のトップドライバーが集う年イチのビッグイベント、JAFカップオールスターダートトライアルにエボⅦで参戦。若干26歳で優勝を果たして注目を浴び、2年後、その腕を買われ、とある新興チームのドライバーに抜擢されて全日本ラリーにデビューしたのだった。

 2010年代に入ると浜は再びダートラに活躍の場を戻し、地区戦にスポット参戦を続ける一方、近場で開催される全日本にもエントリー。2021年にはホームコースである地元広島のテクニックステージタカタで開催された最終戦で全日本初優勝を果たす。4戦参戦した2022年の全日本ダートラは2度の2位が効いてランキング5番手に入り、シード権を獲得した。

本業はダートラドライバーの浜だが、20代の頃はターマック(舗装)の全日本ラリーを走った。西日本の有力ドライバーが集うジムカーナの大会で優勝した経験も持つマルチドライバーだ。©BライWeb

 2023年の浜は、開幕戦京都で全日本2勝目を獲得して最高の滑り出しを見せた。第2戦栃木も4位に入り、第3戦北海道は5位に入賞。そして石川での第5戦で2勝目を獲得した。ここまで2勝をあげたのは浜ただ一人。堂々のポイントリーダーとして切谷内に乗り込んできた。

 この切谷内が終われば、残すは2戦。2022年に2位に入った福井のオートパーク今庄と、地元タカタの一戦が待ち受けるのみだ。タカタは高速のブラインドコーナーや、先が見通せないクレスト(丘越え)状のコーナーもある全国屈指の難コース。全日本を追い続けているベテランや、地区戦でタカタを走り込んでいる地元中国勢が、俄然、速さを見せるコースだ。

 加えて今庄とタカタは、天候が晴れて路面の表面の砂や砂利が走行で掃けると、舗装に近いハイグリップな地の硬い路面が顔を出すコースとして知られる。ダートラでは、そうした超硬質の路面に応じたスーパードライタイヤというものがタイヤメーカーからラインナップされているのだが、浜はこのスーパードライを履くと抜群の速さを見せるのだ。

浜のサービスを務め、時に的確なアドバイスを行う石原秀晃は、中国地区を代表するジムカーナドライバー。浜同様、ランサーを乗り継いできた一人だが、ジムカーナの選手がダートラの選手の遠征に帯同するのは珍しい。©BライWeb

 浜にとっては、今回の切谷内で高ポイントを稼げれば、有利な条件が揃う可能性も高い終盤の2戦に臨むプレッシャーを減らすことができる。だが、切谷内は今回が初走行だった。「思っていたより難しいコースで、いまは分からないことだらけ(笑)。でも何とか明日の2本目ではしっかり結果を出せるようにしたい」。決勝前日の公開練習を終えての浜は、そう翌日への決意を見せた。

 迎えた決勝日。注目の第1ヒートは前日のウェット路面が残るコンディションの中、始まった。雨が降ったかと思えば止んだりと、不安定な天候が続く。浜が出走するSA2クラスのタイミングでは一旦、雨は止んだが、路面は相変わらずウェットのままだ。
 
 そんな中、1本目のトップを奪ったのはシードゼッケンの6人の中では唯一、GRヤリスを駆る黒木陽介。北村を0.65秒差で抑えて、ただ一人、1分31秒台にタイムを乗せる。浜は、「ウェット用タイヤが全然、食わなかった」とまさかの19番手に沈む。今季、ここまで経験したことのない順位だ。
 
 勝負が決まる第2ヒート。一番最初の決勝クラスであるPNE1クラスは、スイフトを駆る葛西キャサリン伸彦が2本目、タイムが伸びず、1本目のタイムで逃げ切るが、次のPN1クラスに入ると、1.0~1.5秒のタイムアップを果たす選手が大半を占め、地元の切谷内マイスター工藤清美が0.7秒近くタイムアップし、優勝を決める。
 
 そして5番目の決勝クラスとなった4WDターボ勢が集うNクラスになるとタイムアップ傾向はより顕著となり、約3.7秒もタイムを詰めた矢本裕之のランサーが逆転で優勝。雨も止んで路面も急速に乾き出し、2本目勝負の様相が強くなる。そしてSA2クラスが始まる頃には、一部では砂煙が立つほどに路面は急速に乾き、完全ドライに近いコンディションとなった。
 
「1本目が終わった後の慣熟歩行で、地の路面が思ったよりも硬いのが分かったので、濡れているように見えても、ドライ用タイヤでも行けたんだな、と思った。1本目の走行ではまだその辺が掴めなかった」と浜。実際、浜と同じADVANタイヤを履く荒井は、黒木、北村を始め、ほとんどのドライバーがウェットタイヤで走る中、1本目からドライタイヤで走り、3番手につけていた。
 
 浜は、自分の出走直前まで他車の走りを見て、タイヤ選択の判断をギリギリまで遅らせた。「スーパードライも一瞬、考えたけど、慣れていないコースなので、何があってもコントロールできるドライタイヤを最終的に選択した」。結果は、この時点で5番手に食い込むタイムをマーク。ポイント圏内に入れてきた。

初走行の切谷内に苦戦。1本目はまさかのポイント圏外に終わった浜だが、2本目は順位を大きく上げた。©BライWeb

 しかしその後はシード勢が地力を見せて次々と浜を乗り越えていく。そしてラス前の黒木が、1本目と同じくウェットタイヤで勝負に出て、2秒のタイムアップに成功。1分30秒の壁を破り、再びダントツの首位に立った。だがドラマは終わらなかった。ラストゼッケンの北村が0.27秒、黒木を上回り、土壇場で打っちゃりを決めたのだ。
 
「黒木はウェットタイヤが好きだからね(笑)。GRヤリスも軽いから、ウェットでも行けたんだろうけど、自分は途中、雨が降ってこようが、もうドライタイヤ1本で行くと決め打ちした。2本目はだから余分なことを考えずに、ガンガン行ったよ」と振り返った北村は会心の笑顔を見せた。

見事な逆転で優勝を決めた北村は、ガッポーズを見せ、完全復活をアピールした。©BライWeb

 浜は2.5秒、北村に遅れて9位でゴール。2ポイントを上乗せするにとどまったが、シリーズリーダーの座は守った。「終わってみればスーパードライでも行けたかな、という路面だったけど、ちょっとミスしたのが痛かった。それがなければ4~6番手は獲れたと思う。ただ、この二日間でいいデータが採れたと思うので、来年に生かしたい」と、悔しさを滲ませながら前を見据えた。
 
 シーズン初優勝で浜とのポイント差を一気に5ポイントにまで詰めた北村は、「ここは、昔は濡れていてもスーパードライが履けるような独特の路面だったからね。だいぶ今は“砂っぽく”なったけど(笑)、ある程度、経験が問われるコースかもしれない。今日のような路面変化が激しい勝負になったら、まだ浜には負けないよ」と振り返った。

目まぐるしくコンディションが変わった決勝日は、北村の路面の読みが冴えた一日となった。©BライWeb

 この一戦で浜の流れを止めた北村は最終戦タカタでも浜を下して2勝目を獲得。勝ち星では浜と並んでシーズンを終えたが、タカタで浜も北村に次ぐ2位でゴール。僅か2ポイント差ながら北村を抑えてシリーズチャンピオンを獲得し、2強時代を突き崩した。北村は2019年から連勝を続けてきた第6戦今庄で表彰台を逸したことが響いた形となった。
 
 新王者浜にとってみれば、終わってみれば、切谷内の一戦が最も苦戦を強いられた形となったが、王者として迎える今季の切谷内戦は、しっかりと勝ちを狙っていくだろう。むろん、北村、荒井のリベンジに向けた動きも激しさを増す一年となるはずだ。7月の開催が早くも楽しみになってきた。

PNE1クラスは、葛西キャサリン伸彦が第1ヒートのタイムで優勝を決めた。©BライWeb
PN1クラスは地元青森の工藤清美のフィットが0.1秒の僅差で逃げ切った。©BライWeb
PN2クラスはスイフトを駆った秋田の竹村由彦が全日本初優勝を達成した。©BライWeb
PN3クラスは北陸の浦上真が2位に1秒以上の大差をつけて快勝。©BライWeb
第1ヒートは13番手だった矢本裕之が大逆転でNクラスを制した。©BライWeb
東北旋風がまたも吹き荒れたSA1クラスは、第2ヒートで会心の走りを見せた青森の佐藤卓也が優勝。©BライWeb
SC1クラスではノーシードだった関東の深田賢一が、悲願の全日本初優勝を獲得した。©BライWeb
SC2クラスは、青森の大西康弘が、ランサーバトルを制して優勝。東北勢はこの日、4クラスを制する活躍を見せた。©BライWeb
Dクラスは、今大会ただ一人、1分27秒台にタイムを入れた亀山晃がオーバーオールウィンをさらった。©BライWeb

フォト&レポート/BライWeb